sound

biography

Satoshi Watai, who started playing the guitar with a grange influence, and Takeshi Endo who joined him as a programmer, created instrumental music in the early stage of the band. They spent years to find the right singer until Nobue Ezura sent them a demo tape that recorded her improvisational piano and vocal. Currently, Hiroshi Tanaka supports the band as the guitarist.

バンド初期は、グランジに影響を受けギターを始めたWataiにTakeshiがプログラマーとして加わりインストゥルメンタルを中心に音楽活動を開始。ふたりは数年間をかけ数十人ものボーカルを試し続けた。以前はシューゲイザーバンドでボーカルをしていたNobueが彼らの音源を聴き、即興のピアノとボーカルのデモを送った所で現在のバンドの核が出来上がった。現在はサポートのギタリストとしてHiroshi Tanakaが参加している。Nobueの感情の振れ幅の大きさと圧倒的な表現力に加え、WataiとTakeshiというバックグラウンドの全く違う二人のそれぞれの強い個性が融合し、独特なメランコリックかつポップなサウンドが生まれ、そのオリジナリティへの評価が高い。

  • Nobue Ezura (vocal, lyrics, keyboard)
  • Satoshi Watai (guitar, bass, programming)
  • Takeshi Endo (programming)
  • Live Support
  • Hiroshi Tanaka (guitar) from Terresia
  • Hana (Drums) from Eureka

news

download EP

Did you buy a download code?
If you have a code, get musics from here.

ダウンロードコードをご購入された方は、こちらからどうぞ。

download

contact